0120-462-151
090-6955-7622
受付時間
9:00〜18:00
月〜金

お問い合わせ

組織づくり

組織づくり

厳しい市場競争の中で、事業を大きくするには強い組織づくりが課題となります。
組織づくりこそが会社経営において重要な役割を果たします。
ここでは、タイプ別に組織づくりのよくある問題点と注力すべきポイントを解説いたします。

経営における組織とは

一般的に組織とは、「目的を共有する、複数の人で構成される、秩序のある集団」といった意味で使われる。
ここでは、「経営における組織」を以下のように定義します。

  1. 経営の目的・目標を実現するために

  2. 貢献意識を持つ複数の人が、役割分担して協業し

  3. 意思の疎通を図りながら目標に向かう機能的な集まり

  4. 経営の目的・目標の達成の為に、組織戦略を描き、採用・配置・教育・活性化という人事機能を発揮して、好ましい組織をつくる。

よくある組織の問題点

  1. 創業:社長ひとりで経営(トップダウン型)

    【よくある問題】
    ・社長が全てを担い、超多忙
    ・機能のどこかが漏れて不具合が発生
    ・需要はあるがキャパシティが不足

  2. 家族経営

    【よくある問題】
    ・社長依存
    ・家族が期待する役割を発揮しない
    ・コミュニケーション不足による誤解・不理解

  3. 分業が進んだ段階

    【よくある問題】
    ・家族を管理者にしたが機能しない
    ・末端が見えない
    ・クレームや不採算が発生
    ・何故か退職が続く
    ・優秀な人材を採用できない

  4. 組織が拡大

    【よくある問題】
    ・末端が見えない
    ・どうも管理ロスがありそう
    ・優秀な人材を採用できない
    ・給与や待遇に不満が聞こえる
    ・部門間の意思の疎通が不足
    ・生産性が低下

組織づくりの視点

  1. 組織づくりの目的の設定
    1-1.目的・目標の明確化
    目的とは「経営理念」であり、目標とは「ビジョン」です。まずはこれを明確にする
    目的(経営理念)の明確化

    ステップ1
    経営をする根本の思いを確認する。
    ・お客様/社員/取引先にどのように役立ちたいか?
    ・世の中にとってどのような存在でありたいか?
    ・経営者としてどのようなことを得たいか?
    等をイメージして下さい。

    ステップ2
    経営をする根本の思いを文章で表現する。
    誰にでも分かりやすい表現でどんな時もぶれない軸になるものを表現して下さい。

    ステップ3
    社員に経営理念を実現してもらうための行動指針を文章で表現する。
    具体的な内容で社員の人が共感しやすい表現にしてください。

    目標(ビジョン)の明確化

    ステップ1
    財務面の目標(3年~5年)売上高/原価率/固定費/経常利益/従業員数/キャッシュフロー等…を具体的に設定する。

    ステップ2
    社員/取引先/社会的などどのように評価されたいか明確にする。

    1-2.経営戦略・経営政策の明確化

    現在のビジネスモデルの改善や新戦略について具体的にかつ詳細に表現し、検討する。
    これまでの考察を振り返り、組織戦略に反映すべき点を考慮し考える。

    1-3.経営機能と組織

    「商品開発、生産・物流、営業、人事」などの機能を検討し明確にする。
    会社の強み弱みなどを意識する。

  2. 機能する組織を作る
    2-1.配置・役割分担
    目的・目標の達成に向けて必要な機能を割り振り、各自のミッション・業務を明確にする。
    2-2.教育
    ミッション・業務を実現できるように教育し育成する。
    2-3.コミュニケーション体系
    会議・レビュー体系を運用し、マネジメント機能を持つ。

ここでお話したことは職場を活性化するための手法の一つです。
経営者の皆様にはマンネリに陥らぬために何をなすべきか問題意識をもって頂ければと思います。
ご不明な点等あるかと思いますのでお気軽にご相談頂ければと思います。

お気軽にご相談ください

0120-462-151
090-6955-7622
受付時間:9:00〜18:00(月〜金)

お問い合わせ

〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町
2丁目23-5 銀洋第2ビル 9階

アクセスマップはこちらから

サービス一覧