0120-462-151
090-6955-7622
受付時間
9:00〜18:00
月〜金

お問い合わせ

記帳指導

記帳指導

記帳指導とは?

記帳指導とは、記帳の基礎から会計ソフトの操作まで、親切丁寧に指導させていただくサービスのことです。記帳というのはルーティンワークですので、一度形ができてしまえば毎月同じ作業を繰り返すだけです。
会社経営をスタートすると、日々のお金のやり取りを会計ソフトへ入力(記帳)していくのですが、初めて事業を始める方にとっては決して簡単ではありません。
特に、様々な優遇を受けられる青色申告をする場合には「複式簿記」で記帳する必要がありますが、「現金出納帳」「預金出納帳」「仕訳日記帳」「総勘定元帳」等々・・・と残すべきお金の記録が沢山あります。
そこで、私共は資料の整理から記帳指導として、会計ソフトの選び方、会計ソフトへの使い方、入力の方法、一般的な決算における処理や確定申告書等の記載の仕方に至る迄の指導をさせていただいています。

こんな方からご依頼を頂いております。

会計ソフト

「帳簿のつけ方が分からない・・・」
「どんな会計ソフトを買ったら良いか分からない・・・」
「なんとなく入力しているが、合っているか不安である・・・」
「いままで資料だけ渡して集計してもらっていたので不安だ」
「そもそも、記帳って何をしたらいいの?」

など、様々な理由がありますが、多くの方々にご依頼いただいております。
また、会計ソフトを使って、タイムリーな試算表を見たいというお客様もいらっしゃいますが、どのように行っていいか、わからないという方にも出来るだけシンプルに会社に合った形でご指導させていただいております。

記帳指導のメリット

  1. 個人事業主の場合は、青色申告特別控除(65万円)を受けることが出来ます。
    複式簿記による帳簿の記帳ができるので、青色申告特別控除つまり65万円控除を受けることができ、節税の確定申告が可能になります。
  2. 銀行の融資を受ける際に素早く、的確に対応できます。
    融資の面接で、営業状況や経理内容に関して自信を持って説明できるので、有利に面接を進めることができます。また、資料として金融機関より直近の試算表の提出を求められるケースがあります。そうした際に素早く対応することができます。
  3. 事業内容をタイムリーに確認することができる。
    ご自分で記帳することにより、最新の経営状況を早く掴むことができますので、素早い対策が可能になります。また、資金繰りにも強くなれるような記帳方法も指導できますので、お客様に合せた知りたい情報を把握することができます。
  4. 節税対策・事業計画立案
    年度途中の時点で、当期利益予測をし、予想納税額を算出します。これにより、節税対策を模索することができます。
    来期に向けての事業計画立案、納税資金の準備などが早目に行えます。

会計ソフトウエアのご紹介、自計化指導もお任せください

自計化指導

まだ、会計ソフトを利用されていないお客様の自計化指導も行っております。
また、会計ソフトの選定のアドバイスもお受けしております。

自分で記帳することにより、最新の経営状況を早く掴むことができますので、素早い対策が可能になります。また、資金繰りにも強くなれるような記帳方法も指導できますので、お客様に合せた知りたい情報を把握することができます。当事務所ではJDL(日本デジタル研究所)のJDL・IBEXをおすすめしております。帳簿データの取引区分から仕訳を自動で行えるようにしますので、勘定科目や仕訳の知識に精通していなくても試算表が作成でき、利益状況や財務内容の把握が簡単に行えます。
また、インターネットを通じて、お客様と連携して経理処理が行えます。

お気軽にご相談ください

0120-462-151
090-6955-7622
受付時間:9:00〜18:00(月〜金)

お問い合わせ

〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町
2丁目23-5 銀洋第2ビル 9階

アクセスマップはこちらから

サービス一覧