0120-462-151
090-6955-7622
受付時間
9:00〜18:00
月〜金

お問い合わせ

財務分析

財務分析

財務分析は経営上の問題点を明らかにする役割を果たします。指標を持ち分析することで、正しい経営判断を下すことができます。ここでは、財務分析の目的と指標について解説いたします。

財務分析の目的

財務状態を改善するポイントを探す為に財務分析を行います。
決算書から得られる情報だけでは、「改善行動に結びつく具体的テーマ」は出にくいですがまずは分析することから始めることをお勧めします。
医療で言えば、【レントゲン】のような役割で、重要な問題の所在、即ち詳細分析すべき箇所を明らかにする役割を果たします。
ではまず、決算書とは何かからご説明させて頂きます。

  1. 決算書
    決算書とは
    企業の経済活動の結果を示す財務諸表のことを指す。
    財務諸表は、
    ・貸借対照表
    ・損益計算書
    ・キャッシュフロー計算書
    から構成されています。
    これら3つを「財務三表」と呼び、それぞれが連動した関係にあります。
  2. 貸借対照表
    貸借対照表とは、決算日現在の資産と負債、その差額の純資産が記載され、企業の財政状態を表したものです。
    「負債の部」は、どのように資金を集めたかという資金調達の状況が記載されています。
    「資産の部」は、調達した資金をどのように運用したかが記載されています。
    資産から負債を差し引いた「純資産の部」は、返済義務のない自己資金となります。

    貸借対照表

  3. 損益計算書、変動損益計算書
    ・損益計算書
    損益計算書とは、企業の一会計期間における費用と収益を明らかにし経営成績を表したものである。
    損益計算書には、獲得した売上とそのために費やした経費、その結果得られ
    た利益が記載されている。

    損益計算書

    ・変動損益計算書
    決算書の損益計算書の費用を、変動費と固定費に大別しその構成を組替えて表示した損益計算書である。
    変動費とは、売上高の増減に伴い、比例的に変化する費用を指す。原材料費や商品仕入費、外注費などが該当する。固定費とは、売上高の増減に関係なく一定額発生する費用を指す。人件費、地代家賃、販売管理費などがある。

    変動損益計算書

  4. キャッシュフロー計算書

    キャッシュフロー計算書とは、一会計期間の現金収支の状況を表したものである。事業における現金の入金と出金が記載されている。通常の営業活動における現金の出入りを営業キャッシュフロー、資産の購入売却による現金の出入りを投資キャッシュフロー、資金の借入れ・返済による現金の出入りを財務キャッシュフローとして表わし、期首に手元にあった現金預金が、期末にいくらになったかを示している。

    ※キャッシュフロー計算書の読み方
    減価償却費等、非資金性費用については、現金預金の支払いを伴わない費用であるため、その相当額を税引き前当期利益に加算されている。
    売掛金等の資産が増加すれば、未回収の増加を意味し現預金のマイナス要素になり、減少すれば回収を意味しプラス要素になる。仕入債務等の負債が増加すれば、未払いが増えて現金預金はプラスになり、減少すれば支払を意味し現金はマイナスなる。
    固定資産の増加は現預金の減少となり、売却は増加となる。
    借入の実施は現預金の増加となり、返済は減少となる。
    これらの結果、現預金残高の増減がどうであったかを示している。

    キャッシュフロー計算書

  5. 貸借対照表と損益計算書の分析の進め方
    貸借対照表と損益計算書の実数、3期比較及び同業種指標比較で、問題のありそうな勘定科目、改善すべき勘定科目に注目して、マーカーを付ける感覚で分析します。
    注目点
     ①金額の構成比が大きい科目
     ②金額の構成比にバラツキがある科目
     ③金額が年々、悪化傾向にある科目
     ④毎年の金額にバラツキがある科目
     ⑤同業種指標比較で悪い傾向にある科目
     ①~⑤から重要と思われる科目は詳細分析の対象となる。

    連続貸借対照表

    連続損益計算書

    売上原価内訳

    販管費内訳

    変動損益計算書

  6. キャッシュフロー分析の進め方

    キャッシュフロー計算書から、資金構造の課題を考察します。

    ①営業CFはプラスか?
    ・営業CFの源泉である利益が出ているか?
    ・利益が出ていなければ、売上・変動費・固定費のどこに問題があるか?
    →損益計算書で、確認します。
    ②運転資金差に問題が無いか?
    ・売上債権が増加していないか??回収期間が長くなっていないか?
    ・棚卸資産が増加していないか? ?不良在庫、過剰在庫がないか?
    ・買入債務が減少していないか? ?支払サイトが短すぎないか?
    ③営業CFの範囲で投資を行っているか?
    ④投資は、利益や営業CFの増加に寄与しているか?
    ⑤財務CFの返済資金は営業CF-投資CFの残額でまかなえているか?
    ⑥営業CFや投資CFのマイナスを財務CFで補う形になっていないか?

  7. 財務分析のまとめ
    現預金の増減の要因は以下のように体系化されます。

    体系化イメージ

    「財務改善の方向性」に分析結果をまとめて記載します。

いかがでしょうか?
このようなものが会社の数字をまとめるための基本的な分析資料になります。もちろん会社は数字で表現できない要素もあるので数字だけで判断するのは危険なこともあります。しかしながら数字を把握することも大事です。「数字は苦手だ」という方もいらっしゃるかもしれませんが一度整理することをお勧めします。わからこともあるかとおもいますのでお気軽にご相談ください。

お気軽にご相談ください

0120-462-151
090-6955-7622
受付時間:9:00〜18:00(月〜金)

お問い合わせ

〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町
2丁目23-5 銀洋第2ビル 9階

アクセスマップはこちらから

サービス一覧