0120-462-151
090-6955-7622
受付時間
9:00〜18:00
月〜金

お問い合わせ

藤間会計が目指すもの

藤間会計が目指すもの

経営者の相談相手になるという遺伝子(DNA)がある

藤間会計の職員は、「会計事務所だから、会計をやっていれば良い」という意識では仕事をしていない。基本的には、「会計業務を越えて、経営者の相談相手になる」という姿勢を持っている。
なぜ藤間会計の職員がその様な意識と姿勢を強く持っているかというと、私自身(藤間 繁)が、「中小零細企業の相談相手になろう」という意識を持ち、そして自身で約20社くらいの問題解決を行いながら、成功事例を作る為に色々なことをやって来ました。
その後ろ姿を、藤間の職員は何年間も見てきている。だから、「会計業務を越えて、経営者の相談相手になる」ということは、藤間会計では当り前のことなのです。

会計業務を越えて経営者の相談相手になる

藤間会計の教育とトレーニング

職員に、少しづつコンサルタントの指導していると、ある時「答え」がでる。その応えを経営者に伝えると、経営者は感謝してくれます。この「成功した」「役にたった」「貢献出来た」という感動が大切なのです。
職員は「感動」するのです。経営者が喜んでくれたという感情に対して、「感動」を覚えるのです。
この「感動」が自然と仕事を高め、藤間会計の遺伝子「DNA」として、仕事の姿勢に刷り込まれていったのです。

更に、中小零細企業経営者に対するコンサルティングで成功する為に、様々な教育やトレーニングを実施している。
その一つが、「経営レポート」を通じて、職員に対するコンサルティングの指導。月次で顧問先を訪問した際、「経営レポート」として、箇条書きでも良いから、顧問先の現状を書いてもらう。
現在、経営レポートの数は始めてから4,000枚を越えている。私が読んで、何か疑問や問題があれば、職員を呼んで、問題の特定とハードルを越える方法をディスカッションします。

私は、職員とのコミュニケーションには時間をかけています。
これが藤間会計の教育とトレーニングです。

藤間会計が目指すもの

お気軽にご相談ください

0120-462-151
090-6955-7622
受付時間:9:00〜18:00(月〜金)

お問い合わせ

〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町
2丁目23-5 銀洋第2ビル 9階

アクセスマップはこちらから

サービス一覧