0120-462-151
090-6955-7622
受付時間
9:00〜18:00
月〜金

お問い合わせ

事業承継

事業承継

こんなことでお悩みではありませんか?

「今は何とかやっているが、果たして事業を継がせてやっていけるか」
「赤字体質で継がせてもいいんだろうか?」
「後継者である長男と幹部の弟の意見が合わず、社内が沈滞化している」
「息子に継がせたが、社外の親族が役員報酬を要求しだした」
「役員に分けていた少数の株の買い取りを要求され、資金に苦慮している」
「思ったよりも株価が高く、相続税の納税資金が足りない」
「社長交代とともに銀行の態度が変わり、新規融資が厳しい状態である」

事業承継は「百社百様」

株主構成、従業員と後継者との関係、後継者と親族の関係、相続の問題など事業承継に関する問題は多岐にわたります。あなたの会社の事業承継のあり方でお悩みの方も多いかと思います。
しかし、問題に向き合うための手法も世代交代を成功するための「原理原則」も確実に存在します。

成否は「継がせる側」の取り組み次第

後継者に任せた、ではなかなか上手くいかないのが現実です。
創業社長だからついてきた昔からの社員や取引先、口を出さなかった少数株主など創業社長が考えるよりも後継者は期待やプレッシャーを感じるものです。
万全の体制を敷いてバトンタッチするのが現社長の責任です。

「計画的取り組み」で選択肢が変わる

理想は10年。ベストな事業承継を行うためには時間がかかります。
株式の移譲、後継者と後継幹部に育成、取引先や仕入先・金融機関等への信頼関係づくりなど、やるべき事は多いのです。
10年かけてやっていくのが理想的です。事業承継は焦らずに計画的にやっていくべきものです。

事業継承の目的・目標と選択肢

事業継承の目的・目標と選択肢

事業承継のポイント

  1. 経営承継~継続・発展する布石~
    時代の移りかわりにより、ビジネスモデルの変更を余儀なくされるケースがあります。長年培った強みを活かしつつ新たなモデルを再度、見直しを行うのもこの機会です。
    そのためには組織承継や取引先承継も緻密な戦略のもと推進する。経営承継が事業承継の要です。
  2. 支配権承継~後継者が責任を持つ経営~
    経営者が自社の株を保有し責任を持って経営しなければ中小企業の強みは活かせません。
    社長が経営の意思決定をできるだけの支配権を保有するために会社法活用などを検討する事も必要になってきます。
  3. 財産承継~相続税の対策~
    相続税額はもとより納税対策も把握しておかなければなりません。
    また家族間で争いごとなどにならないように十分な話し合いも事業承継の重要なテーマです。

事業承継サービスの特徴

事業承継は現状分析、問題点の抽出をしていく中でその対策が浮かびあがってくるものです。
事業承継を成功させるためにはその障害となるあらゆる問題を事前に除去しておく必要があります。
この人的承継と物的承継の両局面で障害となる様々な問題に対して、最適なご提案とその実行を行います。

現状分析
後継者問題・自社株式・相続税の問題などを整理します。
問題点の抽出
問題点を浮かび上がらせ、抽出します。
解決策の提示
問題点の応じた対策案をご提案致します。
解決策の提示
対策案を実行及びフォローを致します。

事業承継サービスの特徴


「経営承継から財産承継まで総合的にサポートします。」
「経営、会社法、民法等各専門家とタッグを組んでご支援します。」
「事業承継の計画から実行、モニタリングまで継続してご支援します。」

お気軽にご相談ください

0120-462-151
090-6955-7622
受付時間:9:00〜18:00(月〜金)

お問い合わせ

〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町
2丁目23-5 銀洋第2ビル 9階

アクセスマップはこちらから

サービス一覧