0120-462-151
090-6955-7622
受付時間
9:00〜18:00
月〜金

お問い合わせ

資金繰り(資金計画)

資金繰り(資金計画)

「お金の流れがわからない」といったご相談をお受けしますが、整理すればそんなに難しいものではありません。
事業は、収入と支出をたえず繰り返す行為です。会社に状況に合せてお話をお伺いして整理していけば、3か月後、6か月後のお金の流れを把握することができます。
整理の仕方の方法から、会社の収支の確認等サポートさせていただきます。

資金繰り表作成の必要性

資金の出入りの時期と額を把握する

「黒字倒産」という言葉が存在する事からも分かるように企業は幾ら赤字であっても、資金が続く限りは倒産する事はありません。
しかし、逆に資金が無くなってしまうと計算上黒字が出ていても、たちまち倒産に陥ってしまいます。
このような事態を防ぐために、企業にとって「資金繰り表」はとても重要なものなのです。
資金の出入りの時期と額を把握し、計画・管理する事によって資金が底をつくという状況を未然に防ぐ事ができます。

資金繰り表の作成方法

早速、資金繰り表を作成してみましょう。
必要な情報は、
①「今、お金はいくらあるのか?」
②「いつ、いくら入金されるのか?」
③「いつ、いくら支払わないといけないのか?」の3つだけです。

銀行通帳や取引先との契約書や注文書を集めて確認してみましょう。

  1. 「今、お金はいくらあるのか?」
    これは会社の現預金の残高です。
    現金取引がほとんど無い会社であれば、銀行通帳の残高を確認し合計して下さい。現金取引が多い場合は、会社の金庫や出納庫にいくらの現金が残っているのかを確認してください。
  2. 「いつ、いくら入金されるのか?」
    入金については、大きく分けると2種類あります。
    ひとつはお客様からの売上の入金(手形入金も含む)、もう一つは、銀行などからの融資を受けた場合の入金です。
    お客様からの売上の入金は、取引先との契約書や注文書等を確認するのが良いでしょう。銀行からの融資も、借入契約書などで確認することができます。
    また、助成金などを会社で申請している場合はそれも確認してください。入金の予定日ごとに確認するのが重要です。
  3. 「いつ、いくら支払わないといけないのか?」
    出金についても2種類あります。
    ひとつは、仕入や給料・家賃等の経費の支払いです。もう一つは、銀行などへの借入金の返済です。
    経費の支払いは、取引先との契約書や請求書などで確認するのが良いでしょう。
    また、借入金の返済も、返済期日と返済金額を契約書や返済予定表などで確認するのが一般的です。

①~③までの確認作業で気をつけなければいけないのが、抜けてしまうことです。銀行振込での入出金が多い場合、銀行通帳で確認すると抜け漏れの防止になります。
もちろん、契約書、注文書、請求書といった書類を普段からきちんと管理しておくことが最も重要ですよね。これらの情報が手元に集まれば、あとは、資金繰表に入力するだけです。
フォーマットを添付しましたのでよろしければご参考に活用ください。

添付資料 「資金繰表(エクセル)」

資金繰り表のコツ

資金繰り表の作成

資金繰り表の作成にあたって注意していただきたいことがあります。
経営を行うにあたり高い数値目標を掲げるということはあるかと思いますが、資金予測については、それとは逆に慎重な予測をすることが大切です。
つまり、収入は控えめに予測し、支出は余裕を持たせて予測することが重要なのです。

入金のタイミングはやや遅く予測し、支出のタイミングはやや早めに予測します。
怖いのは、「月末にあの売掛金が入ってくるだろうから、すぐこちらの支払いに充てれば大丈夫だろう。」といった甘い資金予測。
車の運転と似ていますが、資金予測についてだけも「~だろう」という楽観的な予測より、「~かもしれない」という慎重な予測が必要です。

資金繰り表の役割

資金繰り表作成の主な役割ですが以下の3つになります。

  1. 社内での資金予測し資金ショートを防ぐ
    資金繰り表の役割として最も重要なのは、近い将来の資金が回るかどうかを確認するということです。
    また、以下のような各項目についての詳細を掴むこともできるようになります。
    1. 資金不足になる可能性

    2. 売掛金の回収状況

    3. 買掛金の支払状況

    4. 借入金の調達の必要性借入金の返済状況

    5. 設備投資の予定

    等整理することによって把握しているつもりものが数字として把握することができます。
  2. 資金予測と実績の確認
    資金繰り表には将来予測の欄のほかに過去の実績の欄を掲載するようにすると、予測と実績の対比ができます。
    それにより、毎月必ず資金繰り表を作成して結果を検証するクセをつけると毎月の資金予測が正確なものであったか検証できるのと同時に、資金予測の正確性を高めることが可能になります。

    つまり、計画→結果→原因分析→対策→計画といったサイクルを繰り返すことによって、財務面でのリスクを減らし、安定した経営体制の基盤を作ることができます。
  3. 銀行への説明資料
    銀行に対して 資金が必要な状況であるということを説明するために必要だということです。
    各項目の内容について、きちんと説明するということが求められます。
    銀行側から見れば、資金繰り表を見ると経営者の考えていること、計数管理能力などがわかるため、融資の判断材料となるのです。

お気軽にご相談ください

0120-462-151
090-6955-7622
受付時間:9:00〜18:00(月〜金)

お問い合わせ

〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町
2丁目23-5 銀洋第2ビル 9階

アクセスマップはこちらから

サービス一覧